プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月02日(日)

スピカ

うちの姉は昔から、かのロックバンド「スピッツ」の大ファンで
私も物心ついた時から、数々の名曲に慣れ親しんでいたわけですが。

ここんとこTVも観ずラジオも聴かずJ-POPからすっかり離れており
えらくご無沙汰していたのを、何のきっかけでか忘れましたが
Youtubeでライブ映像を観てからというもの、懐かしい歌の数々に
ぐぐいっと引き込まれてしまいまして。

凝っているようで素朴でもあり、いかにもギタリストらしい曲作りと
温かい歌声を引き立てるシンプルなバンドサウンドの組み合わせ。

数年前に同じく姉のお気に入りだったミスチルを
久しぶりに聴いたときもそうだったのですが
私が特に大好きな要素がてんこ盛りに詰まっているのが
一瞬不思議に思えましたが、直後納得しました。

スピッツやミスチルの音楽が好みに「合う」というよりは、
私自身の音楽的な感覚を、物心ついた時から「育んでいた」。
センスっていうのは、こうして作られるもんなんだなあと。
いい音楽に触れて育ったのを、ちょっと有り難く思ったのでした。



久々に会って話したとき、最近またスピッツ聴いてんのよーって
ほんのポツリと言ってみたところ、姉の眼の色が変わりました。
その数分後、どこからともなく十数枚のアルバムを・・・


「そういうことならまあ聴け」と全部持ってきよりまして


好きなものを他者と共有したいという
ファンの心理に甘えて有り難くお借りして、
帰り道に「割れ物は手に持って 運べばいいでしょう」だなんて
大事に抱えて口ずさんだ、春先の夜のお話でございます。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。