プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09月25日(水)

つぼみをあげよう

今日ひそかに誕生日なんて迎えておりまして、
メールやらなにやらでたくさんメッセージを戴いて
仕事中にニヤニヤをこらえるのが大変でございました。
普段ご贔屓の方々に、改めてありがとうを申し上げます。

夕飯を食べながら、両親の観ている旅番組をチラ見していましたら
ぶらり旅の途中、人気タレントが寄り道をしすぎてバスを逃したらしく
「あ~、さっき楽しんだからバチが当たった~」なんて
言っとるのが流れておりまして。

この、「楽しんだらバチがあたる」という感覚って
なんだかいかにも日本人っぽくて、興味深くありませんか。
苦労してこそ一人前というか、人生は苦しくて当然というか、
楽しんでしまうことに対して、ちょっと後ろめたいというか。

日本人は昔から、お互い様の助け合いでやってきたようですな。
たとえばお米が沢山とれても、お隣さんが不作で困っていたら
自分の取り分が減っても、お腹を空かしている人に分けてあげる、
そして自分が不作で困っているときは、誰かに助けてもらって。

思うに、困っている周りの人を助けることもせず独り占めするのは
農耕民族として生きるうえで、かなり宜しくないことなんですね。
それゆえ、自分だけ楽しむことを強く戒めるところから
助け合いの精神を育んできたのが、今尚受け継がれているのだと。

欧米人に比べて、日本人は人生を楽しむことが苦手だとか申しますが
白いご飯を食べながらよくよく考えてみるとまあ納得のいく話で、
いまさらよそ様と比べてどうこう言うのも無粋なわけですけども。

それでも私は、楽しんでいきたい。
いつ死んでもおかしくないご時勢、悔いなく生きたい。
適度に遠慮もするけど、ちょくちょく自分の心を潤しては
周りの人に元気を分けてあげられる、そんな人になりたい。

自分なりに、存分に人生を楽しんでいれば、
ヘンに我慢しちゃって他人を羨んだり妬んだりせず
穏やかに生きていけるんでないかいな。

そんなことを考えながら、偶然同じ日に誕生日を迎える
親友のツイートを読んでみたのですが・・・



「今日は誕生日、会社の人からプレゼントもらいました!
 いい仲間と働けて幸せです。みんなありがとー!」

(※要約)




10秒前の穏やかな気持ちが、秋の夜空に吹っ飛んでいくのを感じながら
そっと缶ビールのフタを開けるのでございました。

自分なりの楽しみを見つけては、ひとつひとつ大事にしていきたいもんですな・・・
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。