プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06月16日(日)

NEVER GONNA GIVE YOU UP

大人気作品、単独ジャンルの同人誌即売会。
多少は疲れるけれど、コミケに比べれば楽ちん楽ちん。
そんな風に考えていた、時が私にもありました。風穴です。

夏のコミケ、秋の紅楼夢、冬のコミケ、そして春の例大祭。
小学校時代からの旧友達とともに同人イベントに行くのが
最近の恒例行事となった私でございますが、
去る5月26日、今回も色んな体験を持ち帰って参りました。

当日から二週間前、風穴の準備は始まりました。
毎度御馴染みの遥さんと青さんにお贈りするイラスト色紙に加え、
今回は新たに二名、今まで面識の無かった絵師さんに
僭越ながら私から、色紙を贈ることにしたわけですよ。

【風穴流・同人イベントの楽しみ その1】
素敵絵師さんにプレゼントを贈ろう!

(※持って帰るのに困らないもの)

まずはでどさん。「東方武装化」というジャンルのほか、
ニコニコ動画でも本人出演で大活躍されているお絵描きさん。
もうお一人はsuoさん。デフォルメの効いた優しい画風と
ユーモラスでいて心温まるストーリーで大人気の方なんですが。

前々からお二方の作品が大好きで、
せっかくの機会だからただのファンとしてだけでなく、
絵描きの端くれとして精一杯の一枚を贈って喜んでほしい、
そしてあわよくばスケブをと思ったわけでして。

いろいろ端折って当日朝10時、風穴は逸る気持ちを抑えつつ
ビッグサイト裏手の広大な駐車場を埋め尽くす人混みの中で
開場を待っていたのですが…それにしても人多いな!
人口密度はコミケ顔負け、ジャンルの巨大さを痛感しておりました。

開場とともに動き出す人の波!いつしかはぐれる仲間!
しゃーないから流れに従うしかない!というか物理的に逆らえない!
谷川の木の葉のように流れ流され、巨大な展示場の中へ。
事前に用意したお買い物メモを見て、お目当ての本を探します。

【風穴流・同人イベントの楽しみ その2】
いま、ここでしか買えない本を買おう!

(※大抵の同人誌は普段、普通の本屋では売ってません)

「すみませーん、新刊ひとつ下さい」
「あ、はい!500円になります」
「いつも作品拝見してます!これからも頑張ってください!」
「うわぁ、ありがとうございます!」

【風穴流・同人イベントの楽しみ その3】
直に面と向かって、応援の言葉をかけよう!

(※すごく喜ばれるし、言ってる自分も嬉しくなります)

もしかしたら、↑これが最大の楽しみかもしれません。
pixivやtwitterでも応援はできますが、やっぱりご本人の顔を見て
いつも楽しんでます、ありがとうの気持ちを遠慮なく伝えたい。
こういう機会って、普段なかなか無いですしね。

お久しぶりですーと遥さんにご挨拶。
多忙な合間を縫っての執筆作業とイベント参加、
本当にお疲れ様です。無理せず頑張って戴きたいと思います。
あれこれ雑談しとったら、丁度青さんがひょっこり現れまして。

久々に顔を合わせた三者会談、しばし楽しんだのち
いよいよ初めてのお二人に色紙をお渡し…いや待てよ。
せっかくだから、やっぱりせっかくだから
スケブもお願いしてみようじゃないか。

【風穴流・同人イベントの楽しみ その4】
あわよくばスケブに素敵絵師さん直筆のイラストを描いてもらおう!

(※「スケブ不可」の場合は諦めましょう)

実は以前もお願いしたことがあったのですが、
いずれも閉会間際の忙しい時間が災いして涙を呑む結果に。
今回歩き疲れによるハイテンションも手伝い
妙なチャレンジ精神がぐつぐつと沸いてまいりまして。

「あ、いいですよ。新着3名限定ですんで、最後の1名ですね」
「あ、いいですよ。2時ぐらいに出来ますから、お名前教えて戴けますか」
なんと、まさかの大成功。
有難いやら嬉しいやら、転げ回りたいのを堪えてスケブを託しました。

【風穴流・同人イベントの楽しみ その5】
屋台の軽食を食べよう!

(※お弁当やパンを持ち込んでも別にいいんですけどね)

おおかたの買い物を済ませ、屋台でお昼ご飯。
調理器具を乗せた車が並び、ケバブとか焼きそばとか売っている中で
今回は「ビフテキ丼」。要は焼肉を乗っけてタレをかけたご飯なんですが
青空の下で食べるとまあ美味しいのなんの。心の調味料ですな。

青さんと遥さんに色紙を無事お渡し。
過去の作品や新作に因んだ絵を頑張って描いてきたのですが
お二方とも喜んで受け取って下さって、嬉しいやらほっとするやら。
どんだけ報われたかわかりませんとも。本当にね。

緊張しつつ、先ほどスケブをお願いしたお二方のもとへ。
とびきりシャープで精悍なイラストを描いて下さったでどさんに
重ね重ねお礼を言いつつ、お返しと言っては何ですがと色紙を進呈しました。

「おわー!え、本当にいいんですか?ありがとうございます!」
いやいやいや、良いですとも。お邪魔でなければお受け取り下さいましよ。
格好良くて可愛らしい絵と、ド迫力のストーリー、いつも楽しく拝見してます。
今後も陰ながら、一層のご活躍をお祈りしております。ありがとうございます!

suoさんは絵本のような、優しく柔らかい絵を描いて下さっていました。
私の拙い色紙を大変喜んで、満面の笑みで握手までして戴いて。
なんと後日twitterで公開して下さいました。もう、嬉しすぎて、何これ。
これからも暖かくて優しい、素敵な作品を楽しみにしております。

ぼんやり余韻をかみ締めながら、重たい荷物を背負って
お台場を後にしたのが夕方7時。
高速道路に乗っかってそのまま日付が変わらないうちに
地元に着く予定と聞かされていたのですが・・・

いつの間にか眠っていた後部座席、目を覚まして午前2時。
辺りを見回すと、なんか静岡とか書いてあるんですけども

【風穴流・同人イベントの楽しみ その6】
最後まで何が起こるか分からない行き帰り

(※一人のときは予定通りに進むことが多いんですが)

どうも事故だか工事だかによる渋滞のおかげで、
予定より遥かに遅くなりそうだというのですが
いやいやいやちょっと待て。私はあと4時間もしたら
普段どおり会社へ行かなきゃいけない筈なんですが!

月曜は有給バッチリ取得済みの運転担当の好意に甘え
道中ぐっすり眠って結局地元に着いたのは夜が明けるころ。
家に帰って1時間だけ仮眠して、シャワーを浴びてワイシャツを着て
なんとか遅刻もせず、通常出勤と相成ったのでございました。

行く度に新しい出会いと出来事がある、そんな恒例行事。
結局なにが楽しいって、旧友とか御馴染みさんとか初めての方とか、
いろんな人と会って話して、一緒に笑うのがいちばんなんでしょうね。
与えられるだけじゃなく、今後はもっと与えていきたい。

応援も勿論、時には突っ込みも有難く受け入れて
人と人の間で、人間として成長していきたいなんて言いながら
これからもコミュニケーションツール、要するに話の種として
いろんな絵を描いていこうと思います。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。