プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04月21日(日)

男子三日会わざれば

近頃気になるデスクトップPC。OSがWindows7で、HDDが1Tで、メモリが4Gで、
CPUがIntelのcore-3...で、5万円ちょい。
これでSAIとGoogle Chromeって動くんかしら。
PCに詳しい人いたら教えろください。風穴です。twitterより再掲です、風穴です。

そんなこんなで今まで保存してきた画像ファイルの整理をしていましたら
うっかり自分の過去絵フォルダなんぞ開けてしまいまして、
身をよじりつつも指の隙間から薄目で見ちゃったりしてたのですが。

技術はぜんぜん未熟でありながら、昔描いた絵のほうが
何故か、どことなく、力強い気がしました。

どっかで読んだ話ですが、「こんなふうにやったら最強じゃね?」とか
「こんなことしてる俺かっこいい」とか「ぼくがかんがえたさいきょうのry」とか
所謂中二病的な発想が高度経済成長期の日本社会には満ち満ちており、
そのおかげで革命的な新商品がいくつも生まれたという説がありまして。

しかしながら、不景気の中で育ち厳しい現実を目の当たりにして
若いうちからすっかり冷めてしまっているのが昨今の若者の特徴だそうで、
少しでもミスったら一巻の終わりとばかりにリスクを避けて行動するから
かつての日本みたいな中二の発展途上国に追い抜かれつつあるんだそうですな。

思えば私も、これを描いたほうがウケるとか、こんなん描いたら迷惑だとか、
御利口で余計なことを考えることなく自由に描き散らしていたもので、
無い技術力をその分闇雲な努力でカバーしていた当時の作品は
今の私にはちょっと描けない、意外と悪くないものに思えました。

これまでのことより、これからのこと。
初心忘るべからず、今より数段ヘタッピだったころの勢いを思い出して
自由な発想で、見る人に何かを感じさせちゃうような絵を描いていきたい。
ちょっと決意を新たにしちゃったりした、そんなひと時でございました。

しかし今もそうですが、本当にヘタッピやなあ昔の絵… こんなんを公開してた勇気に感服ですわ。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。