プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10月16日(火)

ただで転びゃしませんぜって

初めての同人誌即売会、九粍亭風穴の世界が大きく広がった昨年の紅楼夢
それから一年経ち、2度目の紅楼夢参加を控えて気合十分の私でございましたが
用意周到な準備は、一週間前から既に始まっておりました。

まずはサークルチェック。前回は全くの飛び入りにつき手当たり次第に廻ってたので
あとから「あ、この人も参加してたんやー」と後悔したことがあったのですが
今回は公式サイトの一覧で全2500スペースの中から気になるサークルを拾い出し
エクセルでいちいちリストアップしてプリントアウト。用意周到その一。

同人誌即売会というのは絵師の晴れ舞台、ファンなら差し入れも持っていきたいところ。
前回差し上げたのは行きの道中で慌てて買った和菓子。こんな日持ちのしないものよりも、
嵩張らなくて軽くて、なおかつ「風穴ならでは」的な地元の名産品。
結局、地元三重県が出荷量全国第三位を誇る、緑茶を選択。用意周到その二。

昨年の紅楼夢ではありあわせの画用紙、5月末の例大祭ではスケブのページ。
人様にさしあげる絵がこれじゃあんまりなので、何は無くとも色紙が必要!
あれこれ探して最終的に行き着いたのが百均の品、これが意外と鉛筆と相性が良い。
一週間かけて練習したキャラを、拙いながらも描き上げました。用意周到その三ッ!!!

勿論、会場近くまでの特急券も忘れず調達し
前日の夜は更けてどうにかこうにか就寝したのでした。

翌朝、6時30分起床。余裕を持って特急に乗り込み、快適な指定席で爆睡。
早々に大阪入り、鶴橋駅で一旦降りて朝ごはんを食べることに致しました。
辺り一帯はソウルかピョンヤンを思わせるコリアタウン。刺激的な香りが漂ってます。
iPhoneで検索して見つけたお店で焼きたてチヂミとチャプチェに舌鼓。マシッソヨ!

予定通りに電車を乗り継ぎ、大阪ベイエリアの風景に心躍らせながら
想定通りの時間に会場到着!開場の一斉拍手にも立ち会うことができました。
入場券を兼ねるカタログも当日購入できることを知っていたため、慌てず首尾よく入手。
いざ、全国津々浦々から集う絵師さんの晴れ舞台へ突入!

事前に作成しておいた予定表通り、抜かりなくお買い物を済ませ、
普段から御贔屓戴いている方々のスペースへ余裕を持って御挨拶に向かいます。
青の3さんに御挨拶とお土産渡し、慌てず焦らず間違いなく。
青さんのスペースではお久しぶりのこむさんともお会いしました。

ハルカさんのスペースに行ったときには、既に全部売り切れ!おめでとうございます!
絵とお茶をお渡しして、ちょっとの間でしたがのんびりお話しできました。
サークルとして参加することを奨めて戴き、嬉しいやら面映ゆいやら。
風穴同人誌デビューですか。アリかも、いやすごくやってみたいかも。あわわわわ。

そのあと掘り出し物を探してうろうろしておりましたが、
この辺から何故か、若干の違和感を感じておりました。

コスプレで参加していた友人と合流し、あいさつ回りに付き合ったり
写真撮影を手伝ったり、積もった話を交わしたり。
そうこうしているうちに閉会時間、満場の拍手。お疲れ様でしたー!
帰り道は別ルート、友人に手を振って駅へ向かいます。

勿論予め購入しておいた帰りの切符のおかげで、スムーズに乗車。
重たい鞄を抱えて、電車に揺られ、すっかりお馴染みとなった鶴橋駅。
事前にチェック済みのお店でつけ麺を食べました。
スープ割りしたおつゆをすすりながら、一日を振り返って…

会場でふと感じた違和感の正体にして、
衝撃の事実に気付いたのでありました。それすなわち、



計画を立てすぎて、楽しむ余裕が無かった!!
……。    痛恨のミスでございました。

よくよく考えると昨年は全くの飛び入り、友人の車で出発したのがまさかの前夜。
深夜の猛スピード高速道路、未明到着と共に爆睡、売り場巡りもいきあたりばったり、
ディープなヲタ街道驀進中の友人たちに振り回されっぱなしの一日を過ごして、
帰りの高速道路で湾岸の夕陽に感動し、地元に帰りついてみんなで夕飯食べて。

それがどうだ今回は。一人ですべて完璧に予定通り、まるでビジネス。
計画通りの安心感と引き換えに、新鮮な驚きや楽しみが薄れてしまってました。
せいぜい会場でお会いした方々との会話、寄り道してみた鶴橋のコリアタウン。
新鮮な体験と言えるものが、あんまり得られなかったのでありました。

とはいえ大阪湾岸の風景は綺麗だったし、お目当ての本も買えたし、
いろんな人と話したし、何だかんだ言って楽しかった今年の紅楼夢。
行き帰りの電車でたっぷり眠ったのも手伝って、本を読んだり絵を描いたり
欲張って夜更かししているうちに、はや夜中の2時。

翌日は出勤日、寝不足で一日中ウルトラローテンションでございました。
目が開かない!頭が回らない!幾ら何でもこんな想定外は要らん!
計画性と無計画性、その切り替えと使い分けの重要性を実感した経験、
これから先も大切に、教訓として持っていこうと思います。

グチをあれこれ書き連ねてしまいましたが、
温かく迎えて下さった方々に末筆ながら、改めて深く御礼申し上げます。
仲間に入れるべく精進しつつ、一層のご活躍をお祈りしております。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。