プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月26日(日)

ケバブとカレー

早朝、車の通行も疎らな千葉の市街地。
大盛りの牛丼に七味を散らし、さらっと平らげた朝食。
ふと、生たまごがたったの50円で買えることに気付くも
既にカラッポのどんぶりを前に、いかんなあと内心に呟く。

BULLETMARKS夏休み特集2日目
「行ったり来たりの夏コミ道中」篇


最近読んだ「孤独のグルメ」を気取りつつ、目指すはお台場。
東京の電車って、都心に近付くにつれて徐々に車内が活気づく気がします。
取敢えず10時にtareさんと会場前集合とだけ決めたものの、
それ以上の事は何一つ決定しないまま会場最寄りの駅に到着…

まあどんだけ人が多かったかっていうのは私が今更説明するまでもなく
検索なり何なりして戴くとして、とにかく人込みの規模が半端じゃない。
以前書いた紅楼夢や例大祭は単独ジャンル、人込みと言っても知れてましたが
コミケは何たって何でもアリですから、そら大混雑もするんでしょうな。

結局コインロッカーが見つからず、仕方ないから宿泊道具一式
バックパックで背中にしょったまま一日中歩くことに。
と、ここでメール。駅に到着されたtareさんを迎えに行き、無事合流!
朝からの参加は初めてだそうで、混雑っぷりに驚いておられました。

サッカーコートぐらい広い敷地いっぱいに列を成す人、人、人。
やっと動き出した人の波に乗ってそろそろと歩いておりましたらば。

俄然、まったくの俄然、滝のようなゲリラ豪雨!!


周りの人たちとともに、もう笑うしかないとばかりに
ずぶ濡れでやけくその笑い声をあげつつ、いよいよ入場。
シャツの裾を絞りながら一旦タレさんと別れ、それぞれの買い物へ。

コミケ最終日名物のエロ本には目も呉れず、ボカロ合同誌を買いにゆく。
総勢49名による、グルメ紹介雑誌風のイラスト集なんですが。
予想以上のお値段に若干ひるみながらも、思い切って購入!
やっぱりこういうイベントでは躊躇してちゃいけないぜ。

早々にお目当てのものを全て買い終え、食べ物の屋台を物色していると
タレさんから、ハルカさんと合流された旨のメール。
集合時間を変更し、3人で行動することに!いそいそ集合場所へ向かうも、
ぶっちゃけ、遭難いたしまして。

あたふたしていたら奇跡的に見つかりました。見つけてもらいました。
例大祭ぶりのハルカさん、頭にタオルかぶって参戦。お疲れ様です。
気楽な男三人所帯、たわいない話をしながらそぞろ歩き、
冬コミと例大祭でお会いしたろりしnさん達一団と合流。

無料配布冊子と団扇を戴きました。ころっとした可愛らしい絵柄にほっこり。
話を伺うに、直前までかーなーりの修羅場でいらしたようで。恐るべしサークル参加。
今回特別に打ち上げの飲み会に参加させて戴くことになり、緊張しつつも御挨拶。
終了時間も近づき、皆さんにくっついてビッグサイトを脱出。

したら、またもや迷子になりまして。

行先を確認せんままくっついて歩いて駅まで来たは良いものの
ぐずぐず切符なんぞ買っとる間に皆さん既に出発してしまい、
ぜんぜん知らん土地の駅に一人残され、慌ててタレさんにコンタクト。
皆さんを待たせてしまうというメガトン級大失態。すみませんでした。

池袋の居酒屋で、初対面の方とも御馴染みの方とも分け隔てなく
食べて飲んで、喋って笑って、不思議なひと時を過ごしました。
色んな人の色んな繋がりがあって、その中にちゃっかり自分がいる。
趣味の集まりってのは、つくづく不思議なもんですな。

飲み屋を出てカラオケに移動。懐かしのアニソンシリーズで盛り上がります。
この日もタレさん、日が暮れて以来テンション爆走気味でいらっしゃいました。
せっかくなので私も目いっぱい手拍子、掛け声。存分に楽しんでまいりました。

翌日の集合に関して、タレさん&ハルカさんと協議。
駅前に12時というだけの極めてアバウトな約束を確認し、解散。
当初は高尾山に登る予定だったのですが、ちょっと疲れたねってことで
秋葉原散策に変更となったのでした。

次の日風穴は、幻の「コミケ4日目」を目の当たりにする!
夏休み編、次回完結。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。