プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09月29日(水)

らっしゃあせー

今現在不定期でアルバイトをさせて戴いている某デパートの
北海道物産展の、らーめん屋さんでの配膳業務について
色々土産話がございまして、せっかくだからご報告致します。
こってり濃厚、あつあつのこぼれ話。冷めないうちにどうぞ。

一杯目

小奇麗な身なりの上品な老紳士。
混んでくる前の時間帯、お席に案内したときのこと。

ワシ「お好きなお席へどうぞ!どちらが宜しいですか?」
老紳士「ええ、どこでも構いませんよ(ニッコリ)」

時間が止まってしまいました。


二杯目

満員御礼、待って戴いてる家族連れ。と、小ちゃい少年が
おぼつかない足取りでこちらに駆け寄って、一言。

「のどかわいたので、おみずください」

忙しい合間に一同、つかの間の和み。
その後も配膳、片付け、オーダーと休む間も無く
あっちゃこっちゃ走り回っておりましたらば。
あら、坊や。グラス返しに来てくれたの?

「はんぶんおかわり」
大物になりそうです。


三杯目

何だか怖そうな兄ちゃんが三人。
ミスったりしたら何をされることやら、などと勝手に
怖気づきながらも大盛りチャーシュー麺をお出しして
暫しの後、彼等のデカい声が響きました。

「むっちゃうめぇー!」

ニヤニヤをこらえるのに苦労しました。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。