プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月04日(月)

何笑っとんじゃコラァ

お昼を食べに近所のらーめん屋に入ったのですが。

カウンターで注文を待っていたら、近くのテーブルの
三人組のヤンキー共が煙草をぶかぶか吸いだしたらしく、
煙てえなバーカとか思いながらちらっと見てみたら
その中に懐かしい顔を見つけまして。

幼稚園から中学まで一緒だった地元の同級生でした。

もとより不良が多くて荒くれた土地柄ゆえ、学校も勿論
荒れた奴が多くて、鬱陶しくて仕方なかったのですが
そいつはヤンキー風でありながら弱い者虐めや犯罪を嫌い
いつも気さくにいろんな話をしてくれたものでした。

中学を出てからどうしていたかは分かりませんが、
ぱっと見た限りではどうやら元気にしているらしく
相変わらず朗らかにワルぶって生きているようで
ほっとした思いで麺を啜りました。

帰り際に向こうの一団も私に気付いたらしく
「あれ、アイツじゃねえ?」みたいな感じでこちらを見ては
にやにやしていたので、大っぴらに手を振るのも何だから
私もそちらを見て、意味ありげな笑みを返したのでした。

これで人違いだったらマジどうしようかと思った。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。