プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06月12日(金)

久々のオフレポ

ウグイスとホトトギスと、遠くの鉄工所の音で目が覚めた6月8日早朝。
ふと見ると、たけさんとタレさんが私の帰り道の相談をして下さってました。
朝ごはんを食べに行くにしても、まだお店が開いてない時間だということで
未だお休みの青さん除いて一同、劇場版ドラえもんを鑑賞、素直に感動。

良い感じの時間、たけさんのお家をあとに。お掃除もしないでごめんなさい。
例に拠って後部座席にて青さんとお隣、ほとんどペットかオモチャな私。
朝食、全員ねぎみそらーめん。お味もボリュームも、値段の割に大満足。
けど、東京のらーめんはもっと美味しいんですって。

良い感じに悩みを忘れ、肩の力が抜けてきた私の前では
たけさんとたれさんが行き先の相談。目指すは成田市街。
その前にとちょっと寄り道、山の上の古い建物を見に行きました。
お化け屋敷と有名な、ツタだらけの廃屋をおっかなびっくり見物。

「あー!ほら!今、窓のとこに顔が!」 ノリノリのタレさん。
「むっちゃ可愛かったですよね!」 すっかり順応した私。

成田空港をちょっと通り過ぎた辺りは、道路沿いにお店が点在していました。
リサイクルショップに車を停め、各々好きなものを見て回る男性四人組。
たれさんとたけさんはフィギュア、青さんは衣類、私は中古のトイガン。
懐かしのミニ四駆やら、「ナウシカ」のポーチ付きDVDやら。惹かれました。

お店の前のパンチングゲームに挑むたけさん。イージーモードを楽々クリア。
失礼ながらつくづく思う、この大きな手であの可愛い絵を描いてんねやなあ。
よくよく聞いてみるとタレさんは空手経験者、青さんは元レスリング部。
今テロリストの襲撃を受けたら、生きて帰れないのは私だけでしょう。

青さん購入、首の据わりの怪しいドンガバチョと共に近くのドンキホーテへ。
「何の店なんです?」「何でもあるよ」「ドンキ知らないって、損してるわー」
本当に何でもありました。たけさんはお気に入りの柿の種をゲット。
立体駐車場で梁に飛びついた私、指に血まめをこしらえました。バカです。

成田駅に近づくにつれて、不安だらけだった一日目が嘘の様に寂しくなり
たけさんとさよならしてから、3人で東京駅へ向かうことに。
お二人はよく分からない話で盛り上がり、私が時々口を挟む。
そんな調子でのんびり電車に揺られ、気がついたら景色は都会。

日暮里で乗換えの改札に引っかかり、秋葉原の風景に絶句しつつ
東京駅に到着、新幹線を待つ間談笑、いちごミルクを床にこぼす青さん。
ぎりぎりまで粘ってたらもうそろそろ乗らないと危ないぐらいの時間に。
慌てながらもくどくどお礼を云い、新幹線の改札を通りました。

「こうしなければならない」ではなくて「こうしたい」ようにすればいい、
好きなように行動すればいいのかなあ、と思えるようになった二日間。
そして翌日、結局卒論と就職に頭を抱える私がいたのでした。長々退屈な文章にて失礼しました。
滅多に無い大切な機会を戴き、一緒に遊んで下さったお三方と
日頃から仲良くして下さっている皆々様に、ここにひっそりながら
改めて感謝の気持ちを表し、締めに代えさせて戴きます。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。