プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06月24日(日)

ごはん2杯

個人経営の小さくて汚い焼肉屋さんで、
お肉といっしょにたっぷりついてくるキャベツが
しっかりタレに絡めてあって、一緒に焼いて食べる。
まあ本当に、あの旨さったら何なんでしょうねえ。

うわぁ、夜更けに思い出すんじゃなかった…
スポンサーサイト
 
06月17日(日)

とくに水曜辺り

「明日も仕事かー。嫌やなぁ」って気持ちで
計画的にさっさと早寝した翌日よりも、

「明日の仕事?んなもん知るかーい」って気持ちで
ビールをぐっと空けてギターとベース弾いて
好きな動画観て本読んで夜更かしした翌日のほうが
寝覚めいい気がすんですが、あれぁ何なんれひょうね。
 
06月17日(日)

下請けの下請けで

そろそろ入社してから3ケ月が経つわけでして。

よくよく見まわすとDQNが大多数で、
直属の上司が恐らく確実に残業100時間超えで、
3年先輩の給料が私のそれとほぼ同じで、
そんな職場におりますが、私は何とか元気です。

残業代が出るだけ、まだ良いんでしょうな。
 
06月17日(日)

破れ障子に北ッ風

同人誌やらフィギュアやらグッズやらが所狭しと置かれ、
初めて足を踏み入れたときは思わず怯んだ旧友の部屋。
今日久しぶりに遊びに行ったら、相変わらず汚いその部屋が
妙に安心して居心地が良くて、あれぇーって思った日曜日。
 
06月10日(日)

責めるんじゃなしに

現状に満足したら成長が止まるとか
過去を肯定したら進歩が無くなるとか
そう思ってやってきたんですけども。

もうそろそろ、子供だった頃とか
無知だった頃とか未熟だった頃とか、
そういった昔の自分と
仲直りしようかなんて思う昨今。

難しいんでしょうけれど。
 
06月03日(日)

君の事だけ考えながら

近頃じゃ夕食の話題でさえ仕事に
汚されてきております、風穴でございます。

遅れ馳せながら、例大祭お疲れ様でした!
お目当ての品物は概ね入手、お絵描きさんと挨拶したり
馴染の方にもお会いできて、刺激的な休日となりました。

と、前回書く書くと大っぴらに吹聴しときながら
たった3行で収まってしまってはあんまりなので
ちょっと思う事なんて書いてみようかと。

楽しいものや美しいものは、普段は固定観念と言う名前の
硬い殻に包まれていて見えないのだと聞いたことがありますが、
私もとくに固定観念を持ちやすいタイプでして。

ちょっと前の私からは想像もできませんが…というのも、
ぶっちゃけ東方Projectが苦手だったのですよ。
理由はありません。只の先入観、思い込み、ステレオタイプ。
モラルの無い一部のファンだけ見て、勝手に嫌っておりました。

それがいつしか、多彩な作品や製作者たちを目にする度に
殻にひとつひとつ、ヒビが入っていったのでしょうな。
普段親切にして戴いている絵師さんからお誘い戴いたのをきっかけに
紅楼夢参加という具体的行動、そこから世界が一つ広がりました。

そんな経緯があって、私にとって東方というジャンルは
固定観念を破った実体験によって面白みを知ることができた、
ちょっと特殊なケースだったりします。

粛然とルールを守ってイベントに参加する人たちを見たり、
この日のために趣向を凝らして作られた数々の作品に出会ったり、
太腿絵師の遥さんやイケ麺の青さん、同人誌デビューのこむさん、
丁度tareさんとふにやさんに合流したりと色々しておりましたら、

つくづく、思い切って固定観念を取り去っといて良かった、
東方というジャンルに触れといて良かったと思ったのでした。

あと、ひとつ気付いたこととして。
皆さん意外とブログやらツイートやらご覧になってたんですね。
どうせ誰も読まへんわーいって油断して好き勝手やってました、はい。
あんまり心配掛けないよう、ちょっと気を引き締めて参ります。はい。

そんなふうに、心のガソリンを満タンに補給して帰ってきまして。
翌日張り切って出勤したら早速トラブル連発でその処理に追われまして。
人使いの荒い上司達に散々振り回されつつ何とか木曜まで耐えたものの、
金曜の午前中にとうとう体調不良を起こし、早退するハメになりました。

こんなんでええんかいなと思いつつ、また明日からも修行修行。
小さな楽しみを大切に、頑張っていきたいと思います。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。