プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06月30日(水)

熊さんちょいとお上がり

どうも先日のバイトで、私が慌てて帰ったのがまずかったようで
仕事の途中に奴は何処行ったんだと、少々の騒ぎになっちまったらしく。
なわけで明日は朝から怒られる破目になりそうでございます。風穴です。

「怒ってんじゃしょうがねえやな。行って謝っちゃお。
お辞儀してりゃな、小言なんて頭の上飛んでっちゃうからな」
(出典:桂歌丸「質屋蔵」)
弓子
お中元シーズン特別企画、風穴の贈り物第一弾。
遥彼方さん宅に置いてきた、遥さんオリジナルキャラの弓使いさん。着せ替えてみました。
ドイツの民族衣装のつもりが、どっからどう見てもメイドにしか見えなくてトホホ。
後にこのお嬢さん、未成年だったことが判明し二重にトホホ。リンゴジュースですよ。
スポンサーサイト
 
06月28日(月)

響を運びながら

たとえば大きな荷物を持って人の横などを通るとき、
「すいませーん」とか「失礼しまーす」とよく云うもんですが、
両方混ざって「すいまーす」っつっちゃった経験
皆さんはありませんか。ありませんか。
 
06月27日(日)

全員悪人

バカみたいに馴れ馴れしくタメ口利いて無神経に土足で踏み込んでって、
親切だ気さくだって感謝されるような人間に生まれてみたかったですね。
優しいだけで何になるっつーんだ。風穴です。どうせ風穴だ!このヤロー!

こんなことではいけない。何かで発散しないと、そろそろぶち切れる。
そんなわけで今日の夕方は久々の余暇。旧友と遊んで参りました。

思えば奴とはもう15年以上、小学校の頃からの付き合いでしょうか。
知らんうちに色々経験して、色んな遊びを知ってて、でも変わってない。
愛車は東方の痛車、車内至る所にフィギュアとか置いてる本物のバカ。
「悪いなあ」、「いいよ、お互い様だよ」で通じる、貴重な親友です。

今日のきっかけは私のメール。「今度アウトレイジ観に行こうぜ」
実に分かりやすいですね。そういう気分だったんです。

前回遊んだのはもう一年以上前。これくらい久しぶりだと話も弾みます。
時に頷き、時に突っ込み、時に爆笑し、気が付けばもう隣街。
奴が高校時代に過ごした商店街を、夕飯を求めてぶらぶら彷徨って
結局行き着いたのは、かつての行き着けだったというらーめん屋。

注文したことのないものを頼んで、雑談しながらそれぞれの麺を堪能して、
互いの恋愛観とか語り合ったりして、しみじみした気分になってみたりして、
どんぶり交換してみたりなんかして、がっつり満足したところで店を出て。
劇場に着けば丁度開演10分前。実に良いタイミングに来たものです。

「烏龍茶ひとつ」 「250円になります」 
細かいのが無くて、「これでお願いします」 「550円お預かりします」
烏龍茶だけ渡され、予期せぬ一言。「ありがとうございましたー」
怒るというより素で笑ってしまいました。店員さん、平謝りしつつお釣り。

お待ちかねの開演、アウトレイジ。評判通り物凄い映画でした。
ヤクザに扮した豪華キャストの大迫力の恫喝、眼を覆わんばかりの暴力シーン。
美しい情景と苛烈なストーリーの対比が絶妙な、実に北野監督らしい作品。
心臓の弱い方は、絶対に観ないで下さい。

興奮覚めやらぬ男二人、車に乗っても気分はすっかりヤクザ。
ああいう映画を観た後って、何でもスリリングに見えたりしませんか。
「あの海岸沿い怪しくない?」 「死体とか転がってそうだよな」
物騒なこと云っては爆笑しながら、夜の国道を走ります。

いろんな所に行って、いろんな趣味を持って、いろんなものに触れて、
私よりも遥かに広い世界に生きてる、そんなアクティブな親友。
知らないことを沢山聞かせてくれる、奴と話をする度に私は
羨ましく思いながらも、良い友達を持ったことを痛感するのでした。

家に着いてふと思い立ち、派手なシャツに着替えて黒いジャケットを羽織って、
髪の毛を突っ立ててサングラス掛けて、思いっきり眉間に皺寄せて自分撮り。
ヤクザ風穴、それを早速写メで送ってやりました。似合うって云われました。
徹頭徹尾バカなことばっかりやってたら、自然と笑顔になれました。

友人の話を書くと、心が豊かになる気が致しますね。
オチは無いのかとか云ってはいけません。ありませんそんなものは。
テメェ文句あるのかコラ。ナメてんじゃねえぞ!このヤロー!
 
06月23日(水)

でも愛して止まない

電車で近くに立ってたおじさんの腕時計が
丁度私のと全く同じ物で、思わずニヤリ。

これ、メーカー自体は日本だけれど
製造は中国なんですよね、実は。

で、気が付いた時には
1分ぐらい狂ってんですよね。

御苦労様ですね、お互いね。うふふふ。
 
06月17日(木)

ドンペリロゼお買い上げ

父の日に贈るお酒を買いに来たお客さんで、バイトが早速大忙し。
包装作業に追われながらも、親孝行の精神にほっこりしてたりします。

超蛸さん@秘伝のタレ

超蛸さん作。タレさん宅より、承諾を待たずに引っ張って来ました。ごめんなさいえへへ。
超蛸さん、タレさん、遥彼方さん、そして私のオリジナルキャラ。この可愛らしさといったら!
BULLETMARKS看板娘。髪の分け目までしっかり再現されているのには感動しました。
実はズボンのデザインに悩んでいたのですが、この七分丈はいい感じです。これでいこう。
 
06月11日(金)

平成のモーセ

平日でも道行く人が溢れる名古屋の大通り、
日が暮れるまではまだまだといったくらいの時分に
佇む謎の外国人、首には「シナイ」とだけ書いた札。

多分だけど、こっからシナイ半島までは、
ヒッチハイクでは少々厳しいと思うんだ。
 
06月08日(火)

どうしてんだろうmyself明日は

とある有名デパートでの、新しいアルバイトのお話。

面接の際「採用なら一週間以内に連絡します」と云われたものの
そのままぷっつり音沙汰が無く、殆どあきらめていたら
面接からおよそ七日と二時間ほど過ぎた頃に採用の電話。

くらくらしながら今日の初出勤、名札受け取りとバックヤード案内の後、
他のバイトさんと共にそれぞれの売場に散り、私はお酒売場に配属。
いかにも酒屋チックなド派手な前掛けを着せられそうになりながらも
何とかデパート指定のジャケットを貸して貰い、緊張で固まってる私の側らで。

主任さん「うーん、何かやってもらう作業ある?」
社員さん「えーっと、無いっすねえ。特に」
あのう。自分、繁忙期限定の短期アルバイトなんですけれど!

以前のバイトの酷い経験と、デパートの厳格なイメージから
全身こわばってカチカチだったのが、ヘナヘナと力が抜けて参りまして。
脱力から来る疲労に耐えながら、店内の様子を見て回っていたら
小高い棚に置かれた、超高級ブランデーに眼が留まりました。

・・・間違うてる。値札の商品名が間違うてる。
「レミーマルタン」の筈やのに、マルマンになっとる!

初日にして誤字校正の貢献をしてしまいました。
どうなることやら知れませんが、頑張ります。風穴です。
 
06月07日(月)

太陽にほえる日常

お風呂で顔を洗っている最中、知らんうちに鼻血が出ていて
ふと気が付くと手が血染めだったときの、この恐怖。

なんとか止まり、シャンプーで頭を洗っていたら
また知らんうちに鼻血がぼたぼた出ていたらしく、
ふと気が付くと床が血の海だったときの、この衝撃。
 
06月04日(金)

ヤンデレーション

風穴のブログが面白くないとお思いの方。
その通りなんです。さっぱり面白い記事が書けないんです。
生活の変化と将来の不安からか、最近特に酷く苛々してしまい、
デスメタリックな気分でぐずぐず日々を過ごしている訳で。

先日のtwitterのことのように、ブログで悩みを小出しにしながら
ぶすぶす燻っていても、気分は晴れないし読んでもつまらない。
いっそのこと全部書き出して、さっさと小噺で流してしまおうと
さきほど記事作成画面を開いたのですが。

飲んでたからなんだか悩みが吹っ飛んじゃってアワワワワワ。
何を書こうとしたのか思い出せなくなりましたね。困りましたね。

お酒は楽しく適量を。
 
06月02日(水)

ハードボイルド

学科の友人たちは皆それぞれの職場に就いて忙しそうだし、
花束までもらった手前、部活の後輩達の前にもなかなか行きづらく、
そうかと云って今の予備校はピリピリしてて居心地が良くないし、
バイトではえらい扱いを受けて、早々に辞めちゃったものだから。

仕方ないから勉強のかたわらヘボな腕でギターを弾いて、
「City Hunter」を観ながら安ビールを戴く今日この頃。
ロックと、銃と、酒だけが友達の日々。
かっこよさげですが、案外つまらないもんです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。