プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11月29日(日)

恐らく散々既出

リズミカルに読んでみて下さい。

首都はベルリン
通貨はユーロ
旗は上から
黒・赤・黄

・・・「ドドイツ」。
うわあ、くだらねえ。
スポンサーサイト
 
11月27日(金)

寝れない日が続いて

名古屋駅の地下でクレープを買って、座って食べるところを探して
駅ビルの二階デッキに出てみたら見事な電飾が灯っておりました。

ベンチに座って久々の贅沢をもそもそ食べておりましたらば
隣で名古屋弁の快活な口調で話していた年上の女性二人に
声をかけられ、そのまま暫し一緒に談笑致しました。

私自身、初対面の相手にも然程緊張せず話せるのもあり
何処から来たのとか学生さんなのとか他愛ない話ですが、
人懐こく話を聴いてくれるお二人。一通りイルミネーションを見て
ベンチを離れるときには笑顔で会釈をして別れました。

また逢えるかどうかわかりませんが、
こういう出会いもいいんじゃないかと思います。

「来年も生きとったらまた見に来たいわ」とか云ってる割には
少なくともあと80年は生きてそうな、二人組のおばあちゃんの話でした。
 
11月24日(火)

疲れてます

大学の先生宛てのメールのタイトルに
危うく「風穴です」って書いて
送信するところでした。
 
11月23日(月)

食べたら我に返った

久々にプッチンプリンをお皿に取り出してみたら、
自らの重みでつぶれかけた佇まいが笑いのツボに嵌り
スプーンを放り出して揺らしたり傾けたりつついたり
約2分間遊び倒した私は一体何なんでしょうか。
 
11月23日(月)

ネタがないんだもん

学食で注文していたバカそうな男数人の会話。

「おいお前だよ次、早く言えよ」
「えっとお、メンチカツカレーありますか?」
「すみません、今日の分はもう」
※以下、何故か俄かにハイテンション。
「品切れ?えーマジ!品切れだってwwwww」
「来た品切れwww 品切れ来たよ品切れwwwww」
「はい、品切れ入りましたーwwww」

食べたいんか食べたないんか
入ってんのか入ってないんか
どっちやねん。
 
11月20日(金)

うみゃあてかんわ

名古屋のとある駅構内の売店の看板なんですが、
ぱっと見るとその並びが少々おかしいのです。

無理矢理活字にすると、こんな配置。

み そ  ひ つ
 か つ  ま ぶ し


正直、「みそひつ」「かつまぶし」なる名前の食べ物があっても
然程違和感が無さそうなのが、流石名古屋と云うべきか。
 
11月20日(金)

22歳で初の浪人

ラピュタ放映やらご結婚やら
おめでたい雰囲気を壊さないように
こちらでひっそりご報告致します。

就活が失敗に終わりました。

ただただ無様で、悔いの残る結果です。
面接前夜大見得切って「頑張って来ます」
なんて云うんじゃありませんでした。

翌日追記

結局賑やかな時間帯を避け、ごく少数の方々に打ち明けたら
なんとか気持ちが落ち着いて死んだように眠ったのが昨晩。
昼頃起きてコーヒーを飲んでたら父からアドバイスと共に
現実的な見方からの反省点を示してもらい、今後の見通しを立てる。
母は母で「また遊びに行く時間が出来たと思えば」と寛容な様子で、
自責と卑屈の泥沼から思いっきり引っ張り戻されて今に至ります。

恵まれてるもんだ。そう思えただけでもよしとしましょうかね。
こっからまた来年、取敢えず出来る限り頑張ってみます。
 
11月17日(火)

本文が無くても良いよね

○   (※光源。)


→   (※風向き。)

GIFT.jpg
画像解説 以前描いた「GIFT」のイメージイラスト、第二号&リメイク。
あの曲のPVは「水」と「光」と「風」が印象的だったので以前は「水」をメインに、
今回はあとの二つを表現してみました。あと俯瞰のリベンジも兼ねてます。

minacoさん宅にお持ちしたかったのですが、PBBSが無いのでこの場をもって。
「いま君に贈るよ 気に入るかな 受け取ってよ」 櫻井さんは凄いです。
 
11月12日(木)

頭はカラなのね

ふと耳にした女子高生の会話。

「ホントにもう瞬間的に、考える間もないぐらいでさー」
「何だっけあれ、何ハンシャ?」
「ほらあれ、あれだ、骨髄反射

お前は全身に中枢神経があるんか。
 
11月05日(木)

渋柿じゃないよ

柿をまるかじりする際に
タネを出さずに口の中に溜めておき
実を食べ終えた時点で口の中に
タネが果たして何粒あるか
数えるのが非常に難しいことに
気がついた。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。