プロフィール

九粍亭風穴

Author:九粍亭風穴
九粍亭
風穴
敬って
申す

pixiv
こぼれ話(twitter)
お絵描き掲示板
BULLETMARKS旧館

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06月29日(月)

しばしば怪談の舞台

階段の踊り場で
踊ってる人って
見たことないぞ。
スポンサーサイト
 
06月27日(土)

見られたけど気にしない

大学の中庭の片隅、
コンクリの外壁に囲まれた一角に
突然巻き起こったつむじ風。

その中で木の葉と一緒に
くるくる回っているやつがいたら
それは私です。
 
06月26日(金)

効いた気がする

何かおかしいなあと思ったら
筋肉痛にムヒ塗ってました。
 
06月22日(月)

劇的

今日は目覚まし時計よりも30分早く、
雷にびびって吠え狂う愛犬に起こされました。

画像解説 作成日時、今日。新装版購入記念。
初期の作品が丸々リメイクされ、かなり読みやすくなってました。
描き下ろしが追加されただけかと思ってたらとんでもない、超お得です。
頭をカラッポにして一気に描いたら、良い感じの笑顔が描けました。
 
06月22日(月)

今日はスイッチオフな日

茄子さんとたけさんから戴いてました、性格バトン。
ブログのネタが無くなってきたときには最高の題材でございます。
因みに私の印象は「可愛い」、「礼儀正しい」ですって。ひゃっはー。
照れ照れになりながらも参りましょう、お付き合い願います。

【性格バトン】
■自分で思う性格
不完全燃焼。
一酸化炭素が周囲に漂ってます。

■人に言われること
「そんな丁寧に喋らんでええよ」
どうかすると年下の人にも敬語使ってますんで。

■男女関係なく友達の理想
腹割っても馴れ合いはしない。
付かず離れず。私自身の課題です。

■好きな異性の理想
やさしい人。
思い遣りを忘れないことが大事だと思います。

■最近言われて嬉しかったこと
「風さんの絵、好きですよ」
絵描きの風穴としての嬉しい一言でした。

■バトンの送り主の顔は見た事ある?
ございますよ。
可愛いです、お二人とも。とっても。

■送り主の印象は?
本当の意味で「良い人やなあ」って思える人達です。
周りの人に愛される人なんだろうなあと思います。

■次に回す人(思い浮かんだ人を適当にどうぞ)
回さないですよ、もう大体回っちゃってますからね。
取敢えずお人柄の印象だけお答えします。

クール⇒薫さん。物事をよく心得た、冷静なイメージがあります。
残酷⇒そ ん な 奴 お れ へ ん や ろ ~ ~ ~ 。(こだま師匠の声で)
可愛い⇒失礼ながらminacoさん。あの感性に憧れてます。
癒し⇒アッサムさん。日記も絵も、疲れた心身に優しく沁みます。
かっこいい⇒デリさん。何と云うか、颯爽。悠然。威風堂々。
面白い⇒たけさん。真面目ーな顔してボケる、そんな感じです。
楽しい⇒青の3さん。びっくり箱のような方です。
美しい⇒やっぱりユカコさん。マニキュアとグロスのイメージからでしょうか。
頭が良い⇒じょにさん。お元気でしょうかね。
礼儀正しい⇒風の浪士さん。私もきっちりしないといけませんね。
大人⇒なこさん。良い意味で大人なんです。
子供⇒私。悪い意味で。

いっつも停めてしまいますが、本当は回すほうが良いんでしょうね。
実際私自身、バトンで名前を挙げられるのって嬉しいのです。
茄子さんたけさん、ありがとうございました!斯様な性格の私ですが
今後とも、なにとぞ、よろしくどうぞ。
 
06月18日(木)

昼間に眠い

崩れきった生活リズムを何とかすべく最近
早寝早起き生活を心がけているため、
お絵描きの頻度がガタ落ちしております。

夜中のほうが集中できるのは何ででしょうね。
画像解説
今年3月ごろ、先程ちょこっと修正。(主にタコ部分を)
噂のボーカロイド最新号。デザインが気に入ってます、描きにくいけど。
見た感じといい声の主といい、「あ」の付く漫画をどうしても思い出します。
「たこルカ」には驚きました。ああいう謎の生物とかもう私、大好き。
 
06月17日(水)

経師屋の涼次

紫のシャツを着て
ジェルで前髪を全部立てて
「レッドホットチキン」にかぶりつく。

辛さにハフハフ云いながらも、気分は松岡昌宏。
 
06月12日(金)

久々のオフレポ

ウグイスとホトトギスと、遠くの鉄工所の音で目が覚めた6月8日早朝。
ふと見ると、たけさんとタレさんが私の帰り道の相談をして下さってました。
朝ごはんを食べに行くにしても、まだお店が開いてない時間だということで
未だお休みの青さん除いて一同、劇場版ドラえもんを鑑賞、素直に感動。

良い感じの時間、たけさんのお家をあとに。お掃除もしないでごめんなさい。
例に拠って後部座席にて青さんとお隣、ほとんどペットかオモチャな私。
朝食、全員ねぎみそらーめん。お味もボリュームも、値段の割に大満足。
けど、東京のらーめんはもっと美味しいんですって。

良い感じに悩みを忘れ、肩の力が抜けてきた私の前では
たけさんとたれさんが行き先の相談。目指すは成田市街。
その前にとちょっと寄り道、山の上の古い建物を見に行きました。
お化け屋敷と有名な、ツタだらけの廃屋をおっかなびっくり見物。

「あー!ほら!今、窓のとこに顔が!」 ノリノリのタレさん。
「むっちゃ可愛かったですよね!」 すっかり順応した私。

成田空港をちょっと通り過ぎた辺りは、道路沿いにお店が点在していました。
リサイクルショップに車を停め、各々好きなものを見て回る男性四人組。
たれさんとたけさんはフィギュア、青さんは衣類、私は中古のトイガン。
懐かしのミニ四駆やら、「ナウシカ」のポーチ付きDVDやら。惹かれました。

お店の前のパンチングゲームに挑むたけさん。イージーモードを楽々クリア。
失礼ながらつくづく思う、この大きな手であの可愛い絵を描いてんねやなあ。
よくよく聞いてみるとタレさんは空手経験者、青さんは元レスリング部。
今テロリストの襲撃を受けたら、生きて帰れないのは私だけでしょう。

青さん購入、首の据わりの怪しいドンガバチョと共に近くのドンキホーテへ。
「何の店なんです?」「何でもあるよ」「ドンキ知らないって、損してるわー」
本当に何でもありました。たけさんはお気に入りの柿の種をゲット。
立体駐車場で梁に飛びついた私、指に血まめをこしらえました。バカです。

成田駅に近づくにつれて、不安だらけだった一日目が嘘の様に寂しくなり
たけさんとさよならしてから、3人で東京駅へ向かうことに。
お二人はよく分からない話で盛り上がり、私が時々口を挟む。
そんな調子でのんびり電車に揺られ、気がついたら景色は都会。

日暮里で乗換えの改札に引っかかり、秋葉原の風景に絶句しつつ
東京駅に到着、新幹線を待つ間談笑、いちごミルクを床にこぼす青さん。
ぎりぎりまで粘ってたらもうそろそろ乗らないと危ないぐらいの時間に。
慌てながらもくどくどお礼を云い、新幹線の改札を通りました。

「こうしなければならない」ではなくて「こうしたい」ようにすればいい、
好きなように行動すればいいのかなあ、と思えるようになった二日間。
そして翌日、結局卒論と就職に頭を抱える私がいたのでした。
 
06月08日(月)

笑顔をいっぱい作ろう

6月7日。新宿、早朝5時30分。
夜行バスが集合時間より遥かに早く到着したおかげで時間を持て余し、
駅周辺も薄気味悪く、何より眠くてたまらず、やむなく逃げ込んだマクド。
二階のカウンター席にへたり込み、途方に暮れてかじったホットドッグ。

早朝6時。トイレでうたた寝していたら突然のメール。
東京在住のtareさんと青の3さんが集合を早めて下さったとの連絡。
駅西口へダッシュ、めでたく合流。気兼ねも何も無く、仲良しなお二人。
先程の店に引き返し、お二方の朝食。早速いじられる私。

静かな歌舞伎町を散策し、早朝営業のカラオケに入店。
青さん歌唱によるBank Bandの名曲「よく来たね」に感激しつつ
ミスチル熱唱、TOKIOでカンパイ。寝不足のタレさん、根性のアニソン。
何故か全く味のしない烏龍茶と、コーヒーに似たよく分からない何か。

11時過ぎ頃。たけさんのお家へ向かうべく、新宿駅から東京駅へ。
てっきり東京近郊にお住まいかと思いきや、高速バスに乗り換え。
予備知識皆無の私、まさかの展開に仰天しつつも談笑、睡眠、起床。
寝苦しそうなタレさんの後ろで、一口もらったDr Pepper。(ぬるいの)

ヒートアイランドを脱出し、田園風景と涼しさに驚愕するお二方。
青さん、ここでようやく一服。今日だけは煙草は平気、我慢します。
たけさんのお迎え。やっぱり強そうな風貌と、優しいお人柄。
綺麗な部屋に荷物を置いて一息、漫画を読んだりお絵描きしたり。

15時になって遅いお昼ご飯。迷った結果お蕎麦屋さんへ。
絵茶や絵板でご活躍の、他の絵師さんたちの話に花を咲かす。
云ってる途中から普段の言動を後悔しだし、いらん弱音を吐く私。
自己嫌悪の上塗り。疲労のあまり、お代を払い忘れかけた盛りそば。

青さんがたけさんの定食のレモンで、絞り方を披露されてました。
向かいの私はレモン味の天ぷらそばのおつゆを味見。妙な味でした。

おうちに戻ってごろごろしたりネットしたり。TVもPCも超豪華。
皆さんが私の絵を好きだと云って下さったのはこの頃だったかしら。
褒められれば調子に乗って元気を出す、そういう奴ですわたくしは。
私の下描きを青さんがなぞって、合作なんかしちゃったりして。

タレさんが「逮捕しちゃうぞ」をご覧になっている間、お絵描きしたり。
宵の口に近所のコンビニで飲み物とおつまみを調達、晩酌したり。
その勢いでギターなんぞお借りしてヘタッピな腕前を披露したり。
ふと気がついたら青さんが四人の連名で絵茶なんかしてたり。

騒々しくて目が覚めて、またちょっとギターを弾いて。
こうして合宿の夜は更けていったのでありました。

・・・BULLETMARKS、まさかの前後編。
 
06月01日(月)

あれから僕達は

自宅近くの森に、今年もホタルがいっぱい光っています。

庭の花壇でチカチカしてるやつ、草むらの上をふわふわ飛びまわるやつ、
雑木林の奥で十何匹同時に、うまいこと一斉に光っているやつら。
懐中電灯で照らすと案外地味な本来の姿を見ることができるのですが。

不運にしてクモの巣に引っかかり、為すすべなく食べられながらも、
最期の刻を迎えても尚、平気な様子で光っているやつがいました。
同じく小さな身体で懸命に生きている天敵を、まるで許すかのように。

こんなのは勿論、地球上最も愚かな生き物の妄想に過ぎないんでしょうが
どんな酷い目に逢わされても敵を思い遣る精神を教えられた気がしました。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。